パーキング看板でよく製作される形式はどんなもの?

パーキング看板には、様々な形式が存在します。そもそも、パーキング看板はそれを運用する経営者が自由に設置して良いものではありません。コインパーキングは町中に存在しますので、その景観を損なったり、あるいは誇大に宣伝するものを設置してはいけないように決められています。この取り決めについては、各自治体によってかなり異なります。

形式もそれに合わせたものを利用しなくてはいけませんので、パーキング看板を設置する場合には前提としてまずその点を理解しておく必要があります。そのうえで、最善のものを選択することが得策です。

料金看板の表示の適正化が不可欠

パーキングは、無料で利用するものではありません。経営者が存在していて、その経営者が利益を得る目的でサービスを提供しています。そのため、一定の料金が必要になります。ただ、この料金については経営者にある程度の裁量権が存在します。どういったサービスを提供するかで利用料金は異なりますので、当然その事実をきちんと利用者に伝えなくてはいけません。

こういった、パーキングの料金の表示に関する適正化についてまとめた規定は、景品表示法と呼ばれる法律でまとめられています。重要なのは、パーキング看板を設置するときにこのルールが適用されるという点です。利用者に誤認を招くような形式は認められていませんので、正確に相手に伝わる方法で設置しなくてはいけません。

例えば、一見すると実際の利用条件を理解することが難しいようなパーキング看板も存在します。実際にあったトラブルでは、延長料金の支払い方法が不明瞭で多額のお金が請求された事例がありました。こういったものは、パーキング看板による料金看板の適正化を阻害するものであるため、法律違反になる可能性があります。ですから、まずはこのルールを理解してパーキング看板を利用することです。

パーキングの管理に必要不可欠な看板

パーキングには、適正に運用をするために欠かせない形式の看板があります。それが、平看板と呼ばれるものです。パーキングを利用する人は、そのエリアでどういったルールが適用されるのかがわかりません。当然ですが、無法地帯のような形で利用してはいけませんし、料金が必要なのに料金を支払わないような不正な行為を行うことも問題となります。

こういった明確なルールを伝えるためには、それを記載しているパーキング看板が必要になります。そこで重要になるのが、平看板です。パーキング内に存在しているルールを明確にし、必要な案内や注意、あるいは警告を明記しておくことで後々のトラブルを回避する役割を持たせることができます。平看板には、そのパーキングがどういった会社や人によって運営されているのかも記載されます。そのため、パーキングを利用するうえで平看板は欠かせません。

平看板の魅力は、それぞれの説明を1つの製品ごとに分けて行うことができる点です。例えば、ルールを規定しているだけのモノや誘導案内だけをしている形式のものなど、役割ごとに分けることができます。利用者にわかりやすく情報を伝えることができますので、とても利用しやすいパーキング看板です。

現状を伝えられるパーキング看板

パーキング内の現状を伝えるものに、スタンド看板と呼ばれる形式があります。一般的に、利用者に対してパーキングのルールや利用料金を伝えるときには、サービスの運用を開始した時点で設置しておかなくてはいけません。言い換えると、一度設置すると後からそれらのパーキング看板は修正しづらい傾向があります。

一度そのパーキング内の案内や説明などを記載することになるわけですから、後でその根幹を変えると利用者が混乱してしまうことになるからです。これは、法律的にもトラブルになる可能性があります。一方で、パーキング内の現状を考慮して看板を設置しなくてはいけないこともあります。例えば、パーキング内が満車になっていたり空車があったりするようなときです。ある程度の広さが存在するパーキングならば、場内の現状を正確に伝えておかないと利用者が混乱することもあります。

そこで、その時々の状況に合わせて案内や現状の注意書きを伝えられるスタンド看板が役に立ちます。満車や空車だけではなく、混雑して進入禁止のエリアを作ったり、あるいは車いす専用のマークを設置して利用しやすくしたりなど、様々な状況に対応できます。スタンド看板は、スムーズにサービスを提供するためにも重要なものです。

まとめ

パーキングを運用するときには、必要不可欠になるパーキング看板が存在します。どういった経営者がサービスを提供しているのかをまず伝えなくてはいけませんし、場内でどのようなルールが適用されるのかも正確に伝えなくてはいけません。利用料金に間違いがあるとトラブルにもなりますので、利用者が見えやすくかつわかりやすい状況でパーキング看板を設置する必要があります。

また、パーキングの現状に応じて速やかに設置できるパーキング看板も必要です。利用者同士でトラブルにならないように案内を設置したり、サービスを円滑に運用できるように形式を考えてパーキング看板を使いこなすことが大切です。